「手織り寿し」で人気の京都 AWOMB(アウーム)西木屋町 へ行ってきました

「手織り寿し」で人気の京都 AWOMB(アウーム)西木屋町 へ行ってきました

2018年1月31日
/ / /

いきなり京都へ行ってきました。

鴨川

鴨川。

スポンサーリンク

京都は名古屋から近いので前はちょこちょこ行っていたのですが、LCCで遠出するのを覚えてしまってからあまり行かなくなってしまい、久しぶりに。

名古屋からだと新幹線でも近いけど、バスが本数もあって安くて便利。片道2,500円でいけます。
もし早割で取れれば1,400円で行けるようです。(すぐに席が埋まってしまって取れた試しなし)

ネットで予約できて乗車券も画面を提示で楽ですが、一定時間たつと勝手にログアウトする仕様はなんとかならないかなあ。
降車時にも提示する必要があるので毎回あたふたしてる気がします。

AWOMB(アウーム)西木屋町 でランチ

数年前からずっと気になっていたAWOMB。

何度もチャレンジするも、本店は予約ができず開店前から並ばないと入れなかった上に並んでもすぐに満席になってしまっていたのですが、最近は本店も予約ができるようになったようです。

現在は店舗が増えて3店舗。それぞれ若干内容が違います。

AWOMB(あうーむ) 烏丸本店

awomb本店

「手織り寿し」 

〒604-8213 京都市中京区姥柳町189番地 電話:075-204-5543
営業時間 (open 7 days a week) Lunch 12:00-16:00 (last call 15:00) / Dinner 18:00-21:00 (last call 20:00)  定休日なし

京町家を改装した真っ白空間がいい感じ。

本店ではオリジナルの手織り寿司が食べられます。
おばんざいやお造り、それから色々な薬味を自分で組み合わせて酢飯や海苔と一緒に頂きます。

AWOMB 西木屋町(あうーむ・にしきやまち)

AWOMB 西木屋町(あうーむ・にしきやまち)

「手織り寿し・衣」

〒600-8027 京都市下京区西木屋町通松原下る難波町405 電話:075-203-5277
営業時間 (open 7 days a week) Lunch 12:00-15:00 (last call 14:00) / Dinner 18:00-21:00 (last call 20:00)  定休日なし

こちらは天ぷらをメインとした手織り寿司が楽しめます。

AWOMB 祇園八坂(あうーむ・ぎおんやさか)

祇園八坂

「手和え寿し」

〒605-0825 京都市東山区下河原町463-8 電話:075-204-3564
営業時間 (irregular holidays) Lunch 11:30-15:00 (last call 14:00) / Dinner 18:00-20:30 (last call 19:30)  不定休

こちらは一番新しく出来た店舗で他の2店舗とは違い「和える」がコンセプトで、華やかな具材を少しずつご飯にのせて好みのちらし寿司に仕上げて頂きます。

AWOMB 西木屋町でランチ

本店で予約を取るもすでに満席で祇園八坂店は空いていますよとご案内頂きましたがせっかくなので手織り寿司が食べたいということで西木屋町店へ。13時からなら空いてますとのことで予約がとれました。人気店なので予約は必須ですね。

入り口がわからない

このお店の近くに「西冨家コロッケ店」というおしゃれなコロッケやさんがあり(変わり種コロッケがたくさんあってこちらもオススメ)、このあたりはきたことがあるけど入り口が見つからず迷子になるところでした。

スポンサーリンク

google MAPにある場所にいるはずなのにお店がない。

すぐ横で工事しているせいで余計わかりにくく何度か通り過ぎましたが、ようやく入り口を見つけました。
入り口も看板もちいさい…でもよく見てみると「AWOMB」って書いてあります。お店というより町家の入り口そのままです。

天ぷらとおばんざいの手織り寿し「衣」2970円

メニューは1種類のみ。京野菜を中心とした季節のおばんざいと海の天ぷら、椀物、シャリ、海苔のお寿司のセット。
酢飯240円、海苔1枚30円でおかわりもできます。

手織り寿し

運ばれてくると店員さんがひとつひとつ丁寧に説明してくれます。
また説明に時間がかかるのでその間写真を撮ったり食べながら聞いてもらってもいいですよと案内してもらえます。

見た目にも色鮮やかで、手が込んでいるので説明してもらう時間も楽しいです。

手織り寿司

この日の椀物はお蕎麦でした。

一番上の段がおばんざい、真ん中の列が天ぷら、その下の列がお刺身です。
一番下のサーモンが写真を取る前にぽろっと倒れてしまいましたが、きれいに並んでいました。

一番手前の小皿が色々な調味料や薬味です。
わさび、お醤油のジュレ、天つゆなどからクリームチーズ、クランベリー、くるみなど変わり種もあります。

結構おなかがいっぱいになります

海苔は途中で足りなくなるのですが、ごはんにそのまま具をのせて食べたりしました。
具がたくさんなのでごはんも足りなくなってくるのですが、結構おなかがいっぱいになったのでおかわりせずともちょうどいいくらいでした。

口コミサイトなど見ると「量が足りない」という口コミがちらほらあったので男性はご飯や海苔を追加しても良いかも。

AWOMB 西木屋町(あうーむ・にしきやまち)

  • 営業時間 (open 7 days a week) Lunch 12:00-15:00 (last call 14:00) / Dinner 18:00-21:00 (last call 20:00)  定休日なし
  • 〒600-8027 京都市下京区西木屋町通松原下る難波町405
  • 電話:075-203-527

スポンサーリンク

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2015 cooport All Rights Reserved.